PreviousNextContents


10。フリーソフトの社会的な意義

これはもう不動の真実だ。最高のハックは、作者の日常的な問題に対する 個人的な解決策として始まる。そしてその問題が、実は多数のユーザにも 典型的なものであるために広まる。これでルールその1の話に戻ってきた。 ただしもう少し便利な形で言い直してみよう。

18。おもしろい問題を解決するには、まず自分にとって おもしろい問題を見つけることから始めよう。

Carl Harrisとかれのかつてのpopclientもそうだったし、ぼくのfetchmail もそうだ。でもこれは長いこと理解されてきた。おもしろい点、 つまりLinuxとfetchmailの歴史がぼくたちの目をいやでも向ける点は、 次の段階だ――ユーザと共同開発者たちの巨大で活発なコミュニティ がある中で、ソフトがどう発展するかという話。

『人月の神話』で Fred Brooksはプログラマの時間が代替不能だ と看破している。遅れているソフト開発に開発者を加えても、 開発はかえって遅れる。プロジェクトの複雑さとコミュニケーション コストは、開発者数の2乗で増大するのに対し、終わる作業は直線的 にしか増加しないというのがかれの議論だった。この論はそれ以来 「Brooksの法則」と呼ばれるに至り、真実をついているものと だれもが考えている。でもBrooksの法則が唯一無二の真理なら、 Linuxはあり得なかっただろう。

数年後、Gerald Weinbergの古典『システム作りの人間学』が、 いまにして思えばBrooksに対する重要な訂正だったものを提供してくれた。 「エゴのないプログラミング」を論じるなかで、Weinbergが述べた のは、開発者たちが自分のコードを私物化せず、ほかのみんなに バグを探したり改良点を見つけたりするよう奨励するようなところ では、ソフトの改善がほかよりも劇的にはやく生じる、ということ だった。

Weinbergの分析がしかるべき評価を得なかったのは、用語のせいかも しれない――インターネットのハッカーたちを「エゴがない」と 呼ぶなんて、つい笑ってしまうではないの。でも、かれの議論は 今やかつてない説得力を持っている。

Unixの歴史を見れば、Linuxから学びつつあるもの(そしてぼくが 意図的にLinusの手法を真似ることで、実験的に小規模に確認したもの) は見えていたはずなんだ。コーディングは基本的に孤独な活動だけれ ど、真に偉大なハックはコミュニティ全体の関心と脳力を動員する ことで実現されるってこと。閉ざされたプロジェクトの中で、自分の 脳味噌だけを使う開発者は、オープンで発展的な文脈をつくりだして バグつぶしや改善を何百人もで行えるようにできる開発者に負けて しまうんだ。

でも従来のUnixの世界は、このアプローチをとことんまでつきつめる ことができなかった。要因はいくつかある。一つはいろいろなライセンス や商売上の秘密、商業的な利害からくる法律上の制約。そしてもう一つ は(いまにして思えば)インターネットがまだ発達しきってなかった ことだ。

安いインターネット以前には、いくつかの地理的に集中した コミュニティではWeinbergの「エゴのない」プログラミングが奨励 されていた。そこでは開発者は、有能なチェック屋や共同開発者を 楽にたくさん集めることができた。ベル研、MIT AI研、UCバークレー ――こういうところは伝説的な技術革新を生み出したし、いまでも 強力だ。

Linuxは、意識的かつ成功裏に全世界を才能プールとして 使おうとした最初のプロジェクトだった。Linux形成期が、World Wide Webの誕生と同時期なのは偶然ではないと思うし、Linuxが 幼年期を脱したのが1993-1994年という、ISP産業がテイクオフして インターネットへの一般の関心が爆発的に高まった時期と同じ なのも偶然ではないだろう。Linusは、拡大するインターネットが 可能にした新しいルールにしたがって活動する方法を見いだした、 最初の人間だったわけだ。

安いインターネットは、Linuxモデルの発展にとっての必要条件では あったけれど、でもそれだけでは十分条件ではなかったと思う。 もう一つの重要な要素は、開発者が共同開発者を集めて、インターネット というメディアを最大限に活かすためのリーダーシップのスタイルと、 強力のための慣行が開発されたことだろう。

でもこのリーダーシップのスタイルとはなんで、その慣行ってのは どういうものだったんだろう。これは権力関係に基づくものでは あり得ない――あり得たとしても、脅しによるリーダーシップは、 いまぼくたちが目にするような結果を生み出しはしない。 Weinbergは、19世紀ロシアのアナキストであるクロポトキンの 『ある革命家の回想』を引用して、この点についていい議論を 展開している。

「農奴を所有する一家に育ったわたしは、当時の若者たちみんなと 同じように、命令したり指令したり、叱りつけたり罰したりといった 行動の必要性について、まったく疑うことを知らぬままに成年に 達した。しかしかなりはやい時期に、わたしは大がかりな企業を 経営することになり、自由な人々と交渉することになった。そして まちがい一つが重大な結果を招くような状況で、わたしは命令と 規律という原理にしたがって活動するのと、共通の理解という原理 に基づいて行動するのとの差をだんだん理解するに至った。前者は 軍隊のパレードでは見事に機能するが、実生活において、目標が 多くの重なり合う意志の真剣な努力によってしか達成できない ような状況では何の価値もない」

この「多くの重なり合う意志による真剣な努力」は、まさにLinuxの ようなプロジェクトには必須――そして「命令という原理」 は、ぼくたちがインターネットと呼ぶアナキスト天国のボランティア たちに対しては、実質的に適用不可能だ。効果的に活動して競争する には、共同プロジェクトを仕切りたいハッカーは、クロポトキンが 「理解の原理」で漠然と示唆しているモードを使い、有益な コミュニティをリクルートしてやる気を起こさせる方法を学ばなくては ならない。つまり、Linusの法則を学ばなくてはならないんだ。

まえにLinusの法則の説明として「デルファイ効果」が考えられると述べた。 でも、生物学や経済学に見られる適応型システムも、アナロジーとして 強力だし魅力もある。Linuxの世界はいろんな意味で、自由市場や 生態系のような動きを見せる。自己中心的なエージェントがそれぞれ 効用を最大化しようとして、その過程で自己調整的な自律的秩序を 生み出し、それはどんな中央集権計画の何倍も複雑で効率が高くなる。 だからこここそが「理解の原理」を探すべき場所だ。

Linuxハッカーたちが最大化している「効用関数」は、古典経済的 なものではなく、自分のエゴの満足とハッカー社会での評判という 無形のものだ(かれらの動機を「愛他精神」と呼ぶ人もいるけれど、 でもそれは、愛他家にとっての愛他活動はそれ自体が一種のエゴの 満足だという事実を見落としている)。こういう形で機能する ボランタリー文化は、実はそんなに珍しいものじゃない。ぼくが 長いこと参加してきたもう一つの例は、SFファンダムで、ここは ハッカー界とちがってボランティア活動の基本的な動機をはっきり 「エゴブー」(他のファンたちの間で自分の評判を高めること) だと認識している。

Linusは、開発そのものはほとんど他人にやらせつつ、うまいこと 自分はプロジェクトの門番におさまった。そしてプロジェクトへの 関心を育てて、それが自立するようにしてきた。これはクロポトキンの 「共通の理解という原理」の鋭い把握を示している。このように Linuxの世界を準経済学的に見てやると、その理解がどのように 適用されているか見て取れるだろう。

Linusのやり方は、「エゴブー」の効率的な市場をつくりだす 方法として見るといいかもしれない。個々のハッカーたちの利己性を、 協力体制を維持しないと実現不可能なむずかしい目標に、できるだけ しっかり結びつける方法だ。Fetchmailプロジェクトで、ぼくは(もっと 小規模にではあるけれど)かれの手法が再現できるものだということ を示した。ぼくのほうが、Linusよりもそれをちょっと意識的かつ 体系的に行ったとはいえるかもしれない。

多くの人(特に政治的な理由で自由市場を信用しない人たち)は、 自己中心的なエゴイストの文化なんか断片的で、領土争いばかりで、 無駄が多く、秘密主義的で、攻撃的にちがいないと考える。 でもこの予想ははっきりと反証できる。数多い例の一つをあげると、 Linux関連文書の驚くべき多様性と品質と詳細さがある。プログラマ たちはドキュメント作成が大嫌いというのは、ほとんど 神聖化された周知の事実とされている。だったら、なぜLinuxハッカー たちはこんなにもたくさんの文書を生み出すんだろう。明らかに Linuxのエゴブー自由市場は、商業ソフト屋さんのものすごい予算を もらった文書作成業者たちよりも、気高さに満ちた他者をいたわる行動 を生み出すうえでうまく機能するわけだ。

FetchmailとLinuxカーネルプロジェクトがどちらも示しているのは、 ほかの多くのハッカーたちのエゴにきちんとごほうびをあげれば、 強力な開発者/コーディネータはインターネットを使って、共同開発者 がたくさんいるメリットを享受しつつ、プロジェクトが混乱しきった 修羅場に陥って崩壊するのは避けられる、ということだ。というわけ で、以下はBrooksの法則に対するぼくの反対提案:

19。開発コーディネーターが、最低でもインターネットくらい 使えるメディアを持っていて、圧力なしに先導するやりかたを知って いる場合には、頭数は一つよりは多いほうが絶対にいい。

フリーソフト(オープンソース・ソフト)の未来は、ますますLinus のやりかたを身につけた人たちのものになっていくと思う。つまり、 伽藍を後にしてバザール方式を受け入れる人たちのものだ。これは 別に、個人のビジョンと才能がもはやどうでもいいということでは ない。むしろ、フリーソフト/オープンソースの最先端は、個人の ビジョンと才能を出発点としつつも、それをボランタリーな 利害/興味コミュニティの構築によって増幅する人々のものだと思う。

そしてこれは、単に「フリー」ソフト(オープンソース・ソフト) だけの未来像ではないのかも知れない。問題解決にあたって、Linux コミュニティが動員できるほどの才能プールに太刀打ちできる商業 デベロッパは存在しない。Fetchmailに貢献してくれた200人以上を 雇える財力を持つようなデベロッパですら、ごくわずかしかいない!

もしかすると、最終的にフリーソフト/オープンソース文化が勝利する のは、協力が道徳的に正しいとかソフト「ためこみ」が道徳的に まちがってるとかいう理由のためではなく(ちなみに後者について は、Linusもぼくもそうは思わない)、単に商業ソフトの世界が、 ある問題に有能な人々の時間を幾桁も多くそそぎ込めるフリーソフト/ オープンソース界と、進化上の軍事競争で張り合えなくなるから かもしれない。


PreviousNextContents