Previous Next Contents


3。 ユーザは大事な財産

というわけで、ぼくは popclientをひきついだ。そして同じくらい大事な ことだけれど、ぼくは popclientのユーザベースもひきついだわけだ。 ユーザを持つのはすばらしいことで、それは単に、自分が何かニーズに 対応してるんだな、なにか役に立つことをしたんだな、ということを 実証してくれるからというだけじゃない。きちんと育てれば、ユーザ は共同開発者になってくれるんだ。

これまたUnixの伝統の強みで、これまたLinuxがみごとに極限までおし すすめる強みでもあるんだけれど、ユーザの中にもハッカーがたくさん いるわけだ。そしてソースコードが公開されてるから、かれらは同じ ハッカーでも役に立つハッカーになってくれる。これは デバッグ時間短縮にはすごく役に立つ。ちょっと励ますだけで、 ユーザが問題を診断し、直し方を提案してくれて、一人でやるより ずっとはやくコードを改善できるようにしてくれる。

6。ユーザを共同開発者として扱うのは、コードの高速改良と効率 よいデバッグのいちばん楽ちんな方法。

この効果の力はすごく見落としがち。はっきり言って、ぼくらフリー ソフト界のほとんどだれもが、この効果がユーザの数の増加とともに どれほどすごくなるか、そしてそれがシステムの複雑さに対してどれ ほど有効に機能するかについて、まったく見えてなかった。Linusが 目を開いてくれるまでは。

はっきり言って、ぼくはLinusのいちばん賢い、影響力あるハッキング というのは、Linuxのカーネル構築そのものではないと思う。むしろ Linux開発モデルの発明だと思う。本人の前でこの意見を述べてみたら、 かれはにっこりして、これまで何度か言ったことを静かに繰り返した。 「ぼくは基本的に怠け者で、ほかの人のしてくれた作業を自分の仕事 だと称するのが好きなんだよ」。キツネのようなずるがしこい怠けぶり。 あるいはロバート・ハインラインなら「失敗するには怠惰すきる」とで も言っただろうね。

ふりかえってみると、Linuxの手法や成功の前例はGNU Emacsの Lisp ライブラリとLispコードアーカイブの開発にみることができる。Emacs のCのコア部分やその他FSFツールみたいな、伽藍建築方式にくらべる と、Lispコードのプールの進化は流動的で、すごくユーザ主導で行われ た。アイデアやプロトタイプ・モードは、安定した最終形に落ち着くまで 3回も4回も書き直されるのがしょっちゅうだった。そしてLinuxと 同じく、インターネットが可能にしたゆるい協力体制もしばしば とられていた。

確かに、ぼく自身でもfetchmail以前でいちばんうまくいったハッキング は、EmacsのVCモードだと思う。これはLinuxみたいに、電子メールで 3人と共同作業して開発した。今日にいたるまで、その中で実際に顔を あわせたことがあるのは一人(Richard Stallman)だけだ。これは SCCS、RCS、そして後にはCVSとなったもののフロントエンドで、ワンタッチ のバージョンコントロール機能をEmacsの中から使えるようにする ものだった。もとにしたのは、だれかが書いた、いい加減で ちっちゃなsccs.elモード。そしてVCの開発が成功したのは、Emacs本体 とはちがって、Emacs Lispのコードはリリース/テスト/改良のサイクル をすごくはやく回せるからだった。

(FSFはコードを法的にGPLでしばろうとするけれど、これには予想外の 副作用があって、FSFは手続き上、バザール方式での開発がやりにくくな ってしまったんだ。いまの著作権法上の問題からGPLのコードを守る ため、20行以上のコードの貢献に対しては、すべて個別に版権をつける、 というのがかれらの信念だから。BSDやMIT Xコンソーシアムのライセンス を使ってる人にはこの問題はない。このライセンスは、だれかがケチを つけるかもしれないような権利を保留しておこうとはしていないから。)


Previous Next Contents